1. HOME
  2. ブログ
  3. 内村宇博

内村宇博

 

 

 

常滑焼を「つくる人」「つたえる人」「つかう人」たちのアトリエやお店に訪問。
作品への想いや、常滑の街・人々などについてお話しを伺いました。

#3

 

日常を楽しませるやきもの
新しいものへのチャレンジも

 

内村 宇博
さん

TAKAHIRO
UCHIMURA/若手作家グループ

Instagram

 

*若手作家グループ=常滑を拠点にそれそれ創作活動しています。
 国内外で活躍する作家も多く所属している注目度の高いグループ

 

出店日時:10月3日㈯・4日㈰ /10:00〜17:00
出店場所:ワンダーフォレスト きゅりお東側 A駐車場

 

料理:館 尚史さん(寿司の辰巳)

やきものは日々ににゆとりを感じられるような、道具のひとつとして選んでもらえたらと思います。
日常にしっくり馴染むものづくりができたら、と思っています。
若手作家グループの作品は食器やオブジェが個性に富んでいて見どころのひとつですね。常に新しいものを模索するハングリー精神も強みです。それぞれの個性が技法やモチーフに表れているので特徴も分かりやすいと思います。

 

常滑焼まつりでは作家ごとのブースで出店します。地元で販売していない作品だったり、在庫品、サンプル品、B級品なども販売しますので掘り出し物に出会えるめったにない機会です。会場はイオンモール常滑ワンダーフォレストになります。家族で楽しめるエリアですのでお気軽にお立ち寄りください。

 

 

常滑は積み重ねた時間・場所・建物が今も残っている貴重なまちですね。初めて常滑を訪れた時には窯業が身近で、しかもスケールが大きいことにカルチャーショックを受けました。やきものの文化を守り育てていけるようにと願っています。

 

 

 

関連記事